メンタリストDaiGoと松丸亮吾の兄弟まとめ【超詳細解説】全員高学歴デマも職業優秀

メンタリストDaiGoさんには、4人のご兄弟がいらっしゃるのはご存じでしたか?

人気バラエティ番組”今夜はナゾトレ”をきっかけに、有名になられた「松丸亮吾」さんも、ご兄弟の1人なんです。

今回は、そんな松丸4人兄弟の「学歴・職業」にフォーカスしてみました。

  • 松丸4兄弟の「学歴・職業」に関して、エピソードを交えて、詳しく解説
    • 長男:Daigoの通った「慶應義塾大学」は第一志望ではなかった?!
    • これまで情報が少なかった「次男:慧吾」の新しい学歴情報を入手
    • 三男:怜吾は、270種類以上の匂いを嗅ぎ分けられる天才?!ロックな一面も!
    • 四男:亮吾が「兄弟で最も高学歴」だった?!きっかけは母と長男

本記事では、上記の項目を中心に、分かりやすく・超詳しくまとめてみました。


目次

メンタリストDaiGoは長男で松丸亮吾は末っ子!4人兄弟の基本プロフィール情報

https://twitter.com/ryogomatsumaru/status/1044209900237123585/photo/1

メンタリストDaigoさんって、ご兄弟がいらっしゃったんだね!

Daigoさんが長男で、松丸亮吾さんは末っ子じゃの。他にも2人お兄さんがいらっしゃるようじゃ。

松丸4人兄弟の基本プロフィール情報をまとめてみました。

松丸4兄弟の基本プロフィール
  • 長男:Daigo(松丸大吾)
    • 生年月日:1986年11月22日 
    • 34歳
  • 次男:松丸慧吾(けいご)
    • 生年月日:不明
    • 29~30歳?
  • 三男:松丸怜吾(れいご)
    • 生年月日:1994年1月26日
    • 27歳
  • 四男:松丸亮吾(りょうご)
    • 生年月日:1995年12月19日
    • 25歳

※年齢に関しては、2021年8月現在のものになります。)

四男で末っ子の亮吾さんは、長男・Daigoさんとは、9歳も離れてるんだねっ!

次章より、各々の詳細な「学歴・職業」情報についてみていきましょう。


メンタリストDaiGo(松丸大吾)は兄弟の長男!学歴と職業について

https://smart-flash.jp/lifemoney/life/6194

DaiGoさんの小学校~大学までの学歴をまとめてみたよ!
大学は、あの1万円札で有名な福沢諭吉が創設した、名門「慶応義塾大学」なんだねっ!

長男:メンタリストDaigo(松丸大吾)の学歴
  • 市川市立新浜小学校
  • 私立高輪中学校
  • 私立高輪高校
  • 慶應義塾大学
    • 理工学部物理情報工学科
  • 慶應義塾大学大学院
    • 理工学研究科修士課程(※後に中退)

DaiGoさんの小学校・中学校時代に関しては、非常につらい経験をされたみたいなんじゃ…。

本人が「暗黒時代」だったと語る小学校6年間。。

https://ichikawa-school.ed.jp/niihama-sho/syoukai

メンタリストDaigoさんは、千葉県市川市で育ち、地元の「市川市立新浜小学校」に1993年に入学されています。

ちなみに、元AKB48の前田敦子さんも、同学校の卒業生らしいよっ!

学校名市川市立新浜小学校
所在地〒272-0133 千葉県市川市行徳駅前4-5-1
設立昭和50年4月

現在も1日に10~20冊の本を読まれる「読書家」として有名なDaiGoさんですが、小学校の頃から本を読むのがお好きだったようで、薬剤師だった母親が持っていた薬学関係の本を既に読んでいたそうです。

小学校の頃から読書好きだったんだね!
友達関係も良好だったのかな?

非常に心苦しいのじゃが、残念ながら、友達との間には問題があったようじゃの…。

一体何があったのでしょうか。。

小学校時代のDaiGoさんは、現在の姿から想像もつかない程、少し特徴的な容姿だったようで、当時の画像がこちら。

  • 眼鏡をかけている
  • 少し肥満気味の体型

エッ…、、現在のスマートな姿からは同一人物とは思えないね…。

周りの同級生が自分をいじめる理由が分からない…。
大人(先生)に相談しても誰も助けてくれない…。

Daigo

暗いですよ。小学校に入ってからいじめられるようになって、小2から中2まで友達いないです

https://news.merumo.ne.jp/
article/genre/9028353

いじめが影響し、自身の性格もどんどん「根暗」になってしまったそうです。
助けてくれる友達が一人もいなかったのは、本当に心苦しい限りです。

結局、いじめは、小学生の間ずっと続いただけでなく、、

Daigo

待っていれば、クラスが変われば、友だちができるかも…先生が変わったら助けてくれるかもって、8年間待ったんですけど、誰も助けてくれないし、誰も友だちになってくれなかった。

https://mama.smt.docomo.ne.jp/
article/22516/

なんと中学校になってからもいじめが継続したようなんです…。

中学時代も続いたイジメ。自身の突発的な行動が人生の転機を呼び込んだ

https://www.takanawa.ed.jp/introduction/information/

DaiGoさんの中学校は、東京都港区にある「高輪中学校」

私立の男子校で、偏差値も学科によりますが52~60」とやや高めです。

学校名高輪中学校
所在地〒108-0074 東京都港区高輪2丁目1−32
設立1885年4月

中学校になってもいじめが継続しただけでなく、内容もエスカレートしていったみたいだよ…。

いじめられた詳細
  • 上履きの中に画鋲を入れられた
  • トイレで水をかけられた(3方向から同時に3人がかりで)

普段の学校生活の中でも、「人と違うこと」をやれば自身が目立ってしまう為、積極的な行動を避けるようになってしまったそう。

「いじめられる自分は無価値でダメな人間なんだ…。」そう思い込むことで、普段のハードなイジメに耐え抜かれたんだって…。
凄い精神力だよね・・・。

小中学校の8年間という長期間、このようなハードなイジメが続いたとなれば、最悪の事態が起こり得ても不思議ではないの。

しかし、中学2年生の際に、転機が訪れます。
周囲から、何をされても決して反撃しなかったDaiGoさんですが、ある出来事がきっかけで衝動的にやり返したことがあったそうです。

幼少時は小学1年から中学2年までの8年間に亘っていじめを受けていたが、母親を馬鹿にされた怒りで突発的に工作室に落ちていた鉈を投げると周囲の反応が一変。それがきっかけで自分の行動一つで世界は変えられると考えるようになった。

Wikipedia より引用

自身ではなく、これまで育ててくれた大好きな母親を侮辱されたことは、何も許せなかったことが伝わってきますね。

Daigo

無力を受け入れていたんですけど、初めて母親をバカにされたんですよ。8年目で。母親が大好きだったので、カチンと来ちゃって…。

足元にナタがあったので投げたんです。(現場は工作室だった)

ハンドボール投げで5m飛ばない位の投擲能力しかなかったので、そこら辺の壁に当たって終わったんですけど…。

それで「あいつヤバい!」ってなったんですよ。

この一件の後、DaiGoさんはしばらく学校を休まれて、時間を空けてから再度登校した際には、
周囲からのイジメはピタッとなくなり、自身を見る目が変わっていたそうです。

辛いご経験をされたDaigoさんが、同じ境遇に合う子供達に向けても、メッセージを発せられています。

Daigo

本当はおすすめしないけど、自分が動くことで、周りはこんなに変わるんだって初めて気づいたんですよ。自己主張したら世界は変わる。じゃあ全部自分を変えようと思った。いじめられている子たちに一番言いたいのは、(自分を変える)チャンスなんです、いじめられているというのは

https://mama.smt.docomo.ne.jp/
article/22516/

それまでとは一変した高校生活。東大目指して猛勉強に励むも人生最大のミスを犯す。

https://www.minkou.jp/hischool/school/2523/

学校法人高輪学園は「中高一貫校」の為、高校は私立高輪高校に入学されました。
ちなみに高校も男子校です。

「偏差値:58」で、国立大・有名私大に多くの生徒を輩出しています。
全国的には剣道部の強豪校といて有名です。

学校名高輪高等学校
所在地〒108-0074 東京都港区高輪2丁目1-32
設立 1885年4月

高輪中学・高校は同敷地内に隣接していて、住所も同じなんだっ。
グーグルマップは省略するねっ!

これまでの小中学校時代からは一変して、DaiGoさんの高校生活は充実されていたようです。

中学2年までは「友達が1人もいなかった。」と語られていましたが、高校では多くの友人ができ、特にバスケ部員と親しくされていたそうです。

外見も中学時代までとは、まるで別人ねっ!
表情も穏やかになった気がするわっ!

学業面では、入学当初「学年で下から3番目の成績」だったようですが、猛勉強の末「学年トップ3の成績」まで順位を上げたそうです。

また勉強方法にも自身のこだわりがあったようで、周囲に左右されずに「高い目標を定めて」独学で勉強されていたとのこと

Daigo

高校時代も多くの人たちが部活動に入部していく中、自分はあえて入部をしなかったり、大学受験で多くの友人が予備校に通い出す中、自分は参考書を買って独学で勉強をしたりと、常に人とは違うことをしていました。
大学受験においても、東京大学を志望校にするなど、周りの友人たちとは違う高い目標を掲げて頑張っていました。

https://daigakushinbun.com/post/views/973

大学受験前には、自身が純粋に「人生でやってみたいこと」を紙に書きだしてみた結果、400個も挙がったそうです。

大学入学後のビジョンも明確にした上で、進路を「東大一本」に絞り、大学受験に臨まれたDaigoさん。

ただ、残念ながら「東大・現役合格」とはならず、1浪されたんじゃ。

高校在校時は東京大学しか願書を提出しなかったため、不合格の結果を受け浪人生活を送る。

Wikipedia より引用

浪人生活を送る結果となっても、モテベーションは腐らずに、もう一度「基礎から」勉強し直して、東大合格を目指されました。

しかし、浪人生活・翌年のセンター試験において、まさかの凡ミスを犯します。

ご本人もそれまでの人生最大のミスと語られた内容とは、、

センター試験は95%の得点だったのに、東大受験に必要な科目を選択し忘れて、2次試験を受験することが出来なかったそうよ。。

点数は問題なかったにも関わらず、まさかの「東大受験に必要な試験科目のマーク」を間違えてしまったのです。

浪人生活後の再受験の際にも、願書提出は東京大学のみだった為、もう1年浪人生活かと思われた矢先、、

実はDaiGoさんのお母さんが、愛する息子の万が一に備えて、 DaiGoさんには秘密で、東大以外の大学にも願書を出してくれていたそうなんだっ!

お母さんは、こっそりと慶應義塾大学にも願書を提出されていたそうで、DaiGoさんは同大学の試験を受験し「慶應入学」が決まったそうです。

本望でない慶應に入学。しかし、自身の代名詞「メンタリスト」 に出会う

https://www.tsushin.keio.ac.jp/about/facility.html

念願の東大合格は叶わぬ夢となってしまいましたが、それでも私立の名門「慶應義塾大学」への入学が決まったDaiGoさん。

学校名慶應義塾大学
所在地〒108-8345 東京都港区三田2丁目15−45
設立1920年

当時は、東大の試験対策しかやっていなかった為、本人も合格できるとは思ってなかったようです。(笑)

Daigo

これまで慶應義塾大学の過去問題は一度も見ていなかったのですが、これまでの受験勉強のおかげで、奇跡的に合格を果たすことができました。実は万年筆を一本だけ持って受験してきたという武勇伝もあり、いま振り返ってみても、本当によく受かったなと思いますね(笑)。

https://daigakushinbun.com/post/views/973

専攻は「理工学部物理情報工学科」
高校時代から「人工知能」への興味が強かったらしく、同学部を選ばれました。

インタビューの中で、DaiGoさんは「人間の肉体は永遠に保てなくても、自分の中の脳の意識をデバイスに移すことが出来れば、、永遠に思考することが可能なんじゃないか。」とコメントされておったの。

慶應大学へ入学した頃から、DaiGoさんは人生でやりたいことが400個あった」そうで、人工知能を使えれば、「永遠に思考でき、全てを達成できる」という思いがありました。

そんな明確な目的があった為、同学部では、自身が勉強したかった「人工知能」の研究に没頭されます。

只、東大一本に絞っていたDaigoさんにとっては、「慶應入学」は、本望ではなかった為、かなりの学歴コンプレックスを抱かれたようです。
↓↓↓↓↓↓↓↓

Daigo

私は「このコンプレックスに打ち勝つために、大学時代に何かを成し遂げなければならない」と、強い使命感のようなものを持ったのをいまでも鮮明に覚えています。その後、友人からイギリスのメンタリスト、ダレン・ブラウンについて紹介してもらう機会があり、そこから私の人生は180度変わりました。

https://daigakushinbun.com/post/views/973

ネガティブな感情さえも、自分の行動へと転化される思考は流石ですね。
そしてコメントにもあるように、後にDaiGoさんの代名詞となる「メンタリスト」との出会いは、慶應大学時代にありました。

その当時、世界的メンタリストだった「ダレン・ブラウン」さんに衝撃を受けたDaigoさんは、人生が180℃変わる感覚を味わいます。

大きな影響を受けたDaiGoさんは、メンタリストに関しての知見を深める為に、「ダレン・ブラウン」さん著書の書籍を、むさぼるように読み尽くし、徹底的に勉強されたそうです。

「メンタリスト・Daigo」誕生のきっかけは、東大不合格にルーツがあったとも言えるの。

大学卒業後は、慶應義塾大学大学院に進学されましたが、中退されております。

大学院では理工学研究科を先行されておりますが、大学院在学中に脳科学に強い興味を持ち、医学部を受験し直をそうとされていたそうですが、学生の為お金がなかったそうです。

っが、そのタイミングで、メンタリストとしてのTV出演が増えるようになり、そのままメンタリストとして生計を立てていく決意。
結果として、慶應の大学院を中退する形となりました。

Daigo

編入しようと思っていろいろ勉強して、でもその間にTVの方がバコンと。
ブレイクしちゃって。
僕元々医学部に行きたかったのが茂木先生みたいに留学したいなと思ってたんですけど、学生なんでお金がなかったんです。

どうやったら海外の脳科学とか神経生理学系の学校に行けるか考えた時に、日本の医学部に入って奨学金でもなんでもいいんですけど。

そっから留学すれば安く行けるだろうと思ってたんですけど、ヒットした時にふと頭を過ったのが「あ、自分で稼いで行けばいいんじゃないかな?」っていうふうに思って。それで今のポジションにいるという。

https://logmi.jp/business/articles/55578

【DaiGo(松丸大吾)の兄弟】次男・松丸慧吾の学歴はDラン大学?!職業は天才プログラマーで月収8億!

https://twitter.com/

次男の慧吾(けいご)さんは、どんな学歴をお持ちなのかなあ?

慧吾さんは、一般の方の為、残念ながら学歴に関する詳細情報はほぼ公開されていないようじゃの。
中学・高校に関しては、Daigoさんと同じ高輪学園じゃよ。

次男:慧吾さんの学歴
  • 小学校:不明
  • 私立高輪中学校
  • 私立高輪高校
  • 大学:不明(中退)

中学・高校はDaiGoと同校。元々は優秀だったが「兄との比較」に苦悩。

次男の松丸慧吾さんの学歴に関して、タレント活動はほぼされておらず、一般の方になられますので、情報を掴むのに苦労しましたが、、(笑)

一応、ザックリと分かっていることとしては、

  • 中学・高校は、長男・DaiGoさんと同校。
  • 大学は中退されている(大学名不明)

Daigoさん・慧吾さんご本人がおっしゃられるように、 「高輪中学・高輪高校」に通われていたみたいだねっ!

次男・慧吾さんも、学業面は優秀で他の兄弟と同様に頭の良い方なようです。

以前に長男・DaigoさんのYouTubeに登場されておりますが、その際にDaigoさんが「次男・慧吾さんの頭の良さ」を証言されておりました。

っが、学業面が順調だったのは、中学校の途中までだったようで、残りの中学生活と高校は丸々、成績が振るわなかったそうです。

兄であるDaigoさんと同じ中学・高校に通われたことで、常に比較されやすい環境だったことが、精神的に負担だったみたいね…。

うーん、周囲の比較したくなる気持ちは分からなくもないですが、本人としては「精神的ストレス」になってしまう方がほとんどですよね。。

慧吾さんも、結果的に「コンプレックス」を感じるほど苦労され、勉強に身が入らなくなってしまったみたいだね…。

大学は浪人生活の末「Dラン大学」へ。中退し引きこもり生活を送ることに

高校生活の3年間でも「コンプレックス」を引きずり続け、そのまま大学受験に臨まれた慧吾さん。

具体的な大学名の言及は避けられていますが、学力レベルで言えば「Dランク」レベルの某大学とのこと。

大学偏差値まとめサイトによると、「Dラン」は偏差値45~49の大学を指すらしいよっ。

またその「某Dラン大学」にも現役で合格した訳ではなく、1年間の浪人生活を送った末に、合格されたようです。

慧吾さんご本人が「大学受験は失敗」だったと語られている通り、浪人してまで「Dラン大学」を目指された訳ではなく、第一志望の大学は別にあったようですね。

浪人生活の末、希望の大学に行けなったのが響いたのか、結局は大学生活の途中で不登校になって、そのまま中退されてしまったそうよ。
モチベーションが続かなかった気持ちも分かる気がするねっ…。

大学を中退した後は、しばらく引きこもり生活を送り、テレビゲーム漬けの毎日を送られたそうです。

また、
慧吾さんの公式Twitterにて、興味深い投稿を見つけました。

こちらの書籍は、Amazonにて2021年10月1日に公式販売されました。

Amazonの商品説明を見ると、、

日本で唯一のメンタリストとして活躍する長男の『メンタリスト DaiGo』をはじめ、東大の謎解きクリエイターとして有名になった松丸 亮吾など、四者四様、自分の道を各自で切り開きながら着実に前進している松丸4兄弟。

そんな世間から天才と呼ばれる松丸4兄弟と、その父である松丸 悟とがタッグを組み、これまであまり公表してこなかった4兄弟のルーツや人間形成の秘密、松丸家の教育方針や教育環境などを包み隠さず語った待望の一冊。

全編オールカラーで、今回の書籍用に撮影した写真だけでなく、子どもの頃の秘蔵写真なども満載!

Amazon より引用

慧吾さんの学歴に関するより詳しい情報も載っているかもしれないねっ!

「母の訃報」を機にプログラミングの勉強を開始。有益なアプリを多数開発!

大学生活では「大きな挫折」を経験されましたが、現在はしっかりと職業に就かれています。

引きこもり生活から、立ち直るきっかけは何かあったのかな?

慧吾さんが「社会復帰」を果たされた背景には、明確な出来事がありました。
それは、、

背景には、松丸4兄弟を立派に育ててくれた「母親の訃報」があったようです。

引きこもり期間中は、他の兄弟とも連絡を取っていなかった慧吾さんでしたが、その出来事をきっかけに、他の兄弟とも改めてコミュニケーションを図るようになり、このままの働かない状況はマズイ」と感じたらしく、独学でプログラミングの勉強を始められたそうです。

慧吾さんが天才プログラマーに至るまでの過程はこんあ感じじゃ。

  1. 独学でプログラミングの勉強開始
  2. プログラミング関係の会社に就職
  3. ブラック企業だったが、経験値と多くの知識を身に付けた
  4. DaiGoから「アプリを一緒に作らないか」と誘われる。
  5. ブラック企業を退職し、DaiGoの経営する会社へ再就職
  6. 自身が初めて製作したアプリ「メントレ」が完成
  7. その後も数々のアプリを生み出し、入社3年で「月収:8億円」を達成。

ブラック企業での業務内容は、アパレル会社の管理システムを制作しておられた為、DaiGoさんが経営された会社に入社して初めて、アプリ制作の仕事に取り組まれたようです。

プログラミングの勉強から、アプリの開発まで、独学で勉強されて結果をしっかり出せるあたりは流石…。
やっぱり、地頭は良かったんだね!

慧吾さんが開発されたアプリ
  • マインドシャッフル
    • メンタリストDaiGo監修〜認知シャッフル睡眠法〜
  • DNB-15分IQアップ脳トレゲーム-
    • メンタリストDaiGo制作〜15分でIQを高める脳トレ〜
  • メントレ(メンタルトレーニング) 
    • メンタリストDaiGo監修 〜心を強くするトレーニング〜
  • Dラボ -メンタリストDaiGoの心理学徹底解説- 
    • メンタリストDaiGoの動画が見放題
  • 分散学習帳
    • ムダのない復習によって記憶に定着させてくれる学習アプリ

たくさんの有益なアプリを開発されているんだね~!
DaiGoさんがよくYouTubeで宣伝されてる「Dラボ」の開発にも携わっているんだっ!

効率化・記憶力向上を強みとした学習アプリ「分散学習帳」は、累計25万ダウンロードを記録されています。

これからも、たくさんの利便性の高いアプリの開発を期待したいですねっ!


【DaiGo(松丸大吾)の兄弟】三男・松丸怜吾の学歴は慶應の薬学部!職業は270種以上の香りを嗅ぎ分ける「調香師」

https://www.instagram.com/p/CPM5h5jnXkg/

三男の怜吾さんも、一般の方だから「学歴」に関する情報が少なそうだなぁ。(汗)

そうじゃな。情報は少ないが、大学に関しては、長男のDaigoさんと同じようじゃの。

三男:怜吾さんの学歴
  • 小学校:不明
  • 中学校:不明
  • 高校:不明
  • 大学:慶應義塾大学薬学部

大学はDaiGoと同じ慶應義塾を卒業。薬学部で薬剤師を目指していた?

三男・怜吾さんは、長男・DaiGoさんと同様の慶應義塾大学を卒業されています。
学部は、薬学部に所属されていました。

https://twitter.com/matsru05

↑こちら、三男・怜吾さんの公式Twitter・ホーム画面のスクショだよっ。

紹介文に「薬剤師にならなかった…」とあるように、
元々は、薬剤師を目指して、同大学の薬学部に入学されたようですね。

では続いて、怜吾さんの現在の職業について詳しく見てみようっ!

職業は「調香師」。270種類以上の香りを嗅ぎ分けられる天才。

三男・怜吾さんの職業は「調香師」です。
あまり聞きなれない、職業名ですね。

「調香師」とは?

数千種におよぶ香料を巧みに扱い、香水や化粧品、トイレタリー製品などに使用される香りを創作する仕事。大学の理系学部か調香師養成コースのある専門学校を卒業し、香料会社や日用品メーカーの研究開発部門で働くのが一般的。

https://shingaku.mynavi.jp/future/shigoto/575/

要は、様々な香りを嗅ぎ分けて、食料品・雑貨品などに使用する香りを制作する仕事が調香師なんじゃ。

なんと、嗅ぎ分けられる香りは「270種類以上」にも上るそうです。

コンビニ・スーパーで販売されている飲料水の香りをメインで調合されています。

また、調香師には、単純に香りを嗅ぎ分ける能力だけじゃなく、他にも色々な能力が求められるようです。

あらゆるニーズに応える香りを調香する仕事であり、柔軟な発想力を持っている人に適している。調香師が多く活躍するフランスをはじめとしたヨーロッパで働きたい場合は、語学も身に付けておきたい。さまざまな香りをかぎ分ける能力が求められるため、研ぎ澄まされた嗅覚を身に付け、維持し続けることが求められる。トレンドや消費者の好みを把握するなど、マーケティング力も必要になる。

https://shingaku.mynavi.jp/future/shigoto/575/
  • 新しい香りを生み出すクリエイティブな発想
  • 顧客のニーズを掴むマーケティング能力

も、調香師には求めらるんだねっ!

ロック系バンドグループ「リフの惑星」でドラムをやっている

三男・怜吾さんは、プライベートも充実されており、「リフの惑星」というグループ名で、バンド活動をされています。

さっきまでの画像とは雰囲気が全然違う…。
色気の中にワイルドさもあってかっこいい…♡

リフの惑星は「ロック系バンド」で、怜吾さんは元々サポートメンバーだったそうですが、現在は正式メンバーとして活動されています。

怜吾さんの担当は、ドラムです。
実際にドラムを演奏されている姿がこちら。

リフの惑星は都内で活動する4人組ロックバンドで、元the ogtzの緒方とThe SALOVERSの小林により2016年に結成。現在はギタリストに大月優、ドラマーに松丸怜吾を迎え活動中。ガレージロックとダンスビートをミックスさせた楽曲に定評があり東京インディーの新星とも評されている。

http://uroros.net/newrelease/126201/

【DaiGo(松丸大吾)の兄弟】末っ子・松丸亮吾の学歴は東大!謎解きで超売れっ子タレントに!

https://www.instagram.com/p/CR56x51rfR2/

最後は、クイズバラエティー番組に引っ張りだこの、四男・松丸亮吾さん学歴・職歴を見ていこう!

長兄・Daigoさんの第一志望だった「東京大学」にも合格されとるんじゃよ。

四男:松丸亮吾の学歴
  • 市川市立新浜小学校
  • 麻布中学校
  • 麻布高校
  • 東京大学理科一類
    • 工学部へ(進学選択制度により)

自身の代名詞”ナゾトキ”の才能が開花したのは小学校4年生の時だった!

https://www.instagram.com/p/CPx3Dtmr3gV/

写真右のピカチュウの手袋をされているのが、四男で末っ子の「亮吾」さんです。

亮吾さんが通われた小学校は、千葉県の「市川市立新浜小学校」。
小学校は、長男・Daigoさんと同じです。

次男の慧吾さん・三男の怜吾さんの小学校は分からなかったけど、4兄弟全員、小学校は地元の「新浜小学校」の可能性はありそうだねっ!

末っ子の亮吾さんは、長男のDaigoさんとは9歳差であり、普段の生活の中では「何をやっても勝てなかった」そうです。

日々悔しい想いをされていた小学生時代ですが、怜吾さんが小学4年生の時に転機が訪れます。

ある日自分のとある才能に気づく。家族6人で食事をしながら見ていたバラエティ番組『脳内エステIQサプリ』(フジテレビ系)で、家族の誰よりも早く問題を解くことができていたのだ。“ナゾトキ”に興味を持った松丸少年は図書館で“ナゾトキ”関連の本を次々と読破。ついに解く問題がなくなり、自分で問題まで作るようになった。小学4年生のときだった。

https://www.oricon.co.jp/special/53835/
松丸亮吾さん

ナゾトキは、知識勝負のクイズとは違い、完全に“ひらめき勝負”。知識量の少ない子どもでも、平等な環境で勝負できる。“考える力”も身につくんです。今まで何をやっても勝てなかった兄たちに、ナゾトキでは勝つことができた。これはイケるなと思いましたね

亮吾さんが「ナゾトキ」に対して真剣に取り組む姿を見た、母:順子さんは、

松丸亮吾さん

好きな事を、”一生懸命”頑張りなさい。

っと、優しく亮吾さんの背中を押してくれたそうです。
とても素敵なお母さんですよね。

亮吾さんも、そんなお母さんに対しては、今でも感謝と大きな尊敬の念を抱いているようです。

松丸亮吾さん

「4人兄弟全員育てるのもすごいことですし、兄弟の性格に合わせてやり方を変えていた。家にも僕らの名前の入ったトールペイント(木材に絵を描く)が飾られていて、なんでも手作りするのが好きだった。DaiGoもよくいってますね。この世で一番尊敬する人間は母親だし、それを超える人は多分現れないと

名門校:男子御三家の1つ「麻布中校校」へ入学は、兄に対する反骨精神が背景に!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BA%BB%E5%B8%83%E4%B8%AD%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E3%83%BB%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1

亮吾さんが通われた中学校は、名門「麻布中学校」。
私立の男子校で、驚異の「偏差値:76

中学受験における「男子御三家」の一つとしても非常に有名ですね。

学校名麻布中学校
所在地東京都港区元麻布2ー3ー29
設立1895年

亮吾さんが、中学生になられた当時、Daigoさんが「メンタリスト」として各テレビ番組で大活躍された時期と重なっており、周囲からの「長男と自身の比較」に悩まされたこともあったようです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/76cc6150d68107dafbe5b5214855ef094eae57ac/images/000

「常に兄に対する劣等感や反骨精神がありました」と松丸ちょうど松丸少年が中学生の頃、DaiGoがテレビに出演をし始め、空前のメンタリズムブームが起こる。学校の友人からは「スプーン曲げてよ」「弟は人の心が読めないのかよ」と心ない言葉を浴びせられた。悔しくてグレそうになった。

https://www.oricon.co.jp/special/53835/

小学校時代は勉強がそれほど好きではなかった松丸亮吾さんが、中学受験をしようと思ったきっかけも、「長男・Daigoさんへの対抗心」がきっかけだったようです。

松丸亮吾さん

長兄のDaiGoと喧嘩していた小学4年のとき、その兄が東大入試で不合格だったのを知り、対抗心から「僕は絶対に東大に行く」と宣言したことがあります。すると親からは「東大に行くなら勉強しなきゃね」と言われ、中学受験を考えるようになりました。

https://willnavi.jp/next_2021_east/p1-1.html

努力しても、ここまでハイレベルな中学校に入学出来ない子供の方が多いでしょうから、亮吾さんの懸命な努力の結果もありますが、やはり「地頭の良さ」が伺えますね。

ちなみに、麻布中学校を選んだ理由は、

  • 校則が緩い
  • 制服がない

小学生の頃から、他人に言われたから行動する・自身の行動を制限される、といったことが大嫌いだった亮吾さんは、麻布中学校の「自由な校風」に魅力を感じられたそうです。

ちなみに、中学3年間はテニス部に所属されています。

松丸亮吾さん

自分がやりたいこと、興味を持つことを究めることが一番大切だと思っていました。そのため、いろいろな部活に入り、飽きては辞めをくり返していましたが、テニス部だけは3年間続けました。興味があったからです。

https://willnavi.jp/next_2021_east/p1-1.html

遅刻の多さに留年危機だった高校時代。母の訃報をきっかけに猛勉強に励む。

亮吾さんが通われた高校は、名門「麻布高校」。
完全中高一貫校となる為、亮吾さんも麻布中学からのエスカレーター式で、内部進学にて同校に入学されています。

住所も麻布中学と同じで、同敷地内に隣接しています。

学校名麻布高校
所在地東京都港区元麻布2ー3ー29
設立1895年
https://twitter.com

↑こちら、麻布高校での学生証になります。

中学では運動部に所属されていいましたが、高校では文科系の演劇部に所属されており、将来的に就く職業:クリエイターへのきっかけにもなりました。

松丸亮吾さん

高校からは、友人に誘われる形で演劇部の創部に参加し、脚本を書いたり、演じたりしていました。自分たちで作った物語を自分たちで完成させるという経験が非常に新鮮で、演劇部での活動がその後の僕のクリエイターとしての出発点となりました。

https://willnavi.jp/next_2021_east/p1-1.html

そんな、亮吾さんの高校時代の印象について、次男・三男がテレビ番組で語られていたのですが、

亮吾さんの、何がそんなにだらしない

実は、亮吾さん「朝起きるのがめちゃくちゃ苦手」なんだそうです。(笑)

あまりの遅刻の多さに、高校時代には「あと1日でも遅刻したら留年」とという状況まで追い込まれていた亮吾さんでしたが、そんな窮地を救ったのが松丸兄弟と父だったそうです。

爆音の目覚まし時計でも起きなかった亮吾さんに対して、家族が取った行動は、

  • 毎朝2人がかりでベッドから亮吾さんを運び出す
  • 洗面所で強制的に2人がかりで洗顔してあげる
  • 朝食も2人がかり食べさせてもらった

ここまでやってもらったら、ご兄弟に「だらしない」と言われて仕方ないね…。

この件に関して、「あの時、留年してしまっていたら、今の自分はいなかった。」と語るほど、亮吾さんも非常に感謝されているようです(笑)。

亮吾さんの、勉強面はどうだったの?
地頭も良いし、成績も優秀そうだよね。

実は、、亮吾自身は「大の勉強嫌い」で有名なんです

普段から全く勉強せずに、遊び惚けていた亮吾さんの高校時代の成績は、学年でもビリに近い順位だったそうです。

しかし、高校2年生の時に、亮吾さんの人生を左右する出来事が起こります。

謎解きクリエイターで東大生の松丸亮吾が、8日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)に出演。東大を目指したあるきっかけを語った。

高校2年生のときに母親が亡くなったという松丸。その荷物を整理していると手記が見つかり、最後のページに「亮吾が東大に行くところを見たかった」という一文が残されていたという。当時、彼は反抗期。勉強もせず遊びほうけていたが、その一文を見て「一気に目が覚めて、東大に行こうと決意した」と語った。

https://www.rbbtoday.com/article/2020/02/08/176742.html

直近の校内テスト順位が300人中298位だった成績も、猛勉強の末、校内7位までジャンプアップさせたんじゃっ。

亡き母の夢「東大合格」を叶える為に、死に物狂いで受験勉強された亮吾さん。

そして見事「東京大学・工学部」へ合格を果たします。


只、亮吾さんには、一つだけ心残りがあるようで、、、

松丸亮吾さん

「本当にうれしかったが、母親がその場にいなかったことだけがちょっと……

天国にいるお母様にもきっと、亮吾さんが努力された姿・熱い想いが届かれているはずです。

東京大学在学中に「謎解きクリエイター」として大ブレイクを果たす

https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/students/events/h15_01_r2.html

母の想いを叶え、東京大学に入学された松丸亮吾さん。
入学時には、理科一類を選択されています。

学校名東京大学
所在地〒113-8654 東京都文京区本郷7丁目3−1
設立1877年

通常の大学であれば、自分が入りたい学部を指定して入学しますが、東大は違ったシステムをを採用しています。

東大では、学部・学科を決める際に「進学選択制度」を用いておるんじゃ。

「進学選択制度」とは

東京大学は、一般的な大学のように学部ごとの募集ではなく、文科一類・文科二類・文科三類、理科一類・理科二類・理科三類のように類ごとの募集が行われます。

要は、入学時には、学部ではなく「類」を選択しておき、大学3・4年時に自分が専攻したい学部を決定する仕組みなんですね。

亮吾さんは、将来的な職業として「ゲームクリエイター」を目指していた為、東大の工学部を選択したかったようですが、、

松丸亮吾さん

ゲームクリエイター志望だったこともあり、情報工学科か機械工学科、精密工学科あたりに進みたいと思い、それなりに勉強していました。東大は3年次から学部に所属するのですが、点数的には大丈夫だったにも関わらず申請ミスにより、志望していた学科に進めなくなってしまいました。行きたくない学科に進んで、やりたくもない仕事に就くのはいやでしたから、その段階で休学届けを提出し、謎解き制作のサークル活動に専念することにしました。

https://willnavi.jp/next_2021_east/p1-1.html

なんとも勿体ないミスですね。。
ちなみに無事に工学部へは入れたようですが、25歳になった現在も東京大学工学部に在学中です。

松丸亮吾さん

休学期間中に社会人経験を積んでおきたいと、外部受注を増やす努力をしました。いろいろな人と出会い、仕事をこなしているうちに評判となり、「今夜はナゾトレ」というテレビ番組からオファーが来ました。休学してから7カ月目です。そこから徐々にテレビ出演が増えていきました。

休学中に仕事をこなしていく過程で「忙しくなり過ぎた」という点が、現在も東大在学中の理由かもしれませんね。

2019年のブレイク・ランキングでは、堂々の2位っ!
現役東大生で221本ものバラエティに出演されるのは凄いねっ!

また、亮吾さんと言えば「謎解きクリエイター」が代名詞になっておりますが、そのきっかけとなった、

東大の学生を中心に構成されているクリエイター集団:「AnotherVision(アナザービジョン)」の2代目代表としても有名ですね。

松丸亮吾さん

サークルの活動が軌道に乗り、テレビ出演が多くなるにつれ、「一緒にゲームを作りませんか」「一緒に本を書きませんか」「一緒に漫画を描きませんか」といった発注が増えてきました。番組に出るだけでなく、コンテンツを作りましょうとのオファーでした。自分が何かを突き詰めて人とは違うスキルを持っていれば、一緒に作ろうという人が出てきます。つまり、ゲームクリエイターでなくてもゲームを作れることに気づいたのです。ゲーム会社に入らなければゲームが作れないという時代は、もう終わりに近づいてきているのだと感じました。

亮吾さんは現在、職業として「3つの肩書」をお持ちなんです。

  • テレビに出る「芸能活動」
  • 謎解き問題を作る「クリエイター活動」
  • 会社を経営する「社長業」
    • RIDDLER (リドラ) 株式会社の社長

今後も、亮吾さんの更なる活躍を期待したいですねっ!

メンタリストDaiGoの松丸4兄弟の学歴・職業 まとめ

https://www.instagram.com/p/B9ohgstpiOi/
松丸4兄弟の学歴・職業  まとめ
  • 長男:Daigo(松丸大吾)
    • 学歴】
      • 市川市立新浜小学校
      • 私立高輪中学校
      • 私立高輪高校
      • 慶應義塾大学 理工学部物理情報工学科
      • 慶應義塾大学大学院 理工学研究科修士課程(※後に中退)
    • 職業】
      • メンタリスト
      • YouTuber、ニコ生配信
  • 次男:松丸慧吾(けいご)
    • 学歴】
      • 小学校:不明
      • 私立高輪中学校
      • 私立高輪高校
      • 某Dラン大学(中退)
    • 職業】
      • 天才アプリプログラマー
  • 三男:松丸怜吾(れいご)
    • 学歴】
      • 小学校、中学、高校:不明
      • 大学:慶應義塾大学薬学部
    • 職業】
      • 調香師
      • バンド活動(ドラム担当)
  • 四男:松丸亮吾(りょうご)
    • 学歴】
      • 市川市立新浜小学校
      • 麻布中学校
      • 麻布高校
      • 東京大学理科一類 ⇒ 工学部へ(進学選択制度により)
    • 職業】
      • テレビに出る「芸能活動」
      • 謎解き問題を作る「クリエイター活動」
      • 会社を経営する「社長業」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!